P r o d u c t    P a g e

Last update:2018/05/15

概要

血糖値メモ - BGLRecordsは、日々の血糖値を
記録しておくアプリケーションです。
従来の紙の記録帳の欠点としては、
--かさばる(できれば持ち歩きたくない)
--修正すると汚なくなる(カーボン式は特に)
--記入欄が小さい(コメントがあっても、書く気にならない)
--平均値計算が面倒(なので、計算も記入もしていない)
等が挙げられます。
本アプリはそれらの欠点を解消して、記入から医師への提出を 「手早くキレイ」に処理します。
  

(何の都合か存じませんが)webからは直接App Storeに行けない仕様 になりましたので、お求めは、お手数ですがApp Storeで「血糖値メモ」と 入力して検索してください。

Information

  Version 3.2 提供中

  次版でFilesアプリ対応の予定です。

アップル社要請に基づく提供者情報開示

  Seller name: Masafumi Endoh
  Address: 2-9-3, Shinkawa, Chuo, Tokyo, 104-0033 Japan
  Email: max04@aol.com

FAQ

動作確認済みネットワークプリントサービス
  ネットプリント(セブンイレブン系)
  ネットワークプリント(ローソン、ファミリーマート系)

取扱項目
  全てPDFファイルに含められます(=全て印刷されます)
  ・氏名、年月
  ・インスリン量
  ・月コメント(前半後半、各30文字まで、インスリン量の下に印字)
  ・血糖値(朝前、朝後、昼前、昼後、夕前、夕後、寝前)
  ・日コメント(低血糖、食事、運動など、16文字まで)

今日の血糖値は今日か明日中に記入しないといけませんか?
  いいえ、そのような制限はありません。本日、昨日以外の血糖値の
  記入や修正は、リスト画面から可能です。

印刷はどうやればいいですか?
  まず印刷したい月のPDFを作成し、PDF表示画面を開きます
  (これは共通です)。
  AirPrint仕様のプリンタで印刷
   「他で開く」ボタンから「プリント」を選んでください。
  ネットワークプリントサービスを使う
    例:ネットプリント(netprint、セブンイレブン)
    あらかじめ、netprintのiOSアプリをインストールし、会員登録手続き
    を行います(実際にセブンイレブンで印刷するまで費用は発生しま
    せん)。
    「他で開く」ボタンから「netprint」を選んで印刷登録します。
    登録すると予約番号が発行(netprintアプリ内に表示)されます。
    セブンイレブンに設置されているプリンタで「ネットプリント」を選択、
    予約番号を入力して印刷します。
    ちなみに2014年01月現在、A4白黒1枚は 20円のようです。
    一度簡単な会員登録をしてしまえば「血糖値メモ」以外の用途にも
    使えて非常に便利です。
    2016/03/12追記
      netprintアプリのiOS 9での不具合は解消された模様です。
      以下の代替手段は、削除せず掲載しておきます。
      代替として、Dropbox → netprintのWebサイトという手段があります。
      ・Dropboxに利用者アカウントを作成し、Dropboxアプリをインストールする。
       (容量 2 GBまでは無料)
      ・「他で開く」ボタンからnetprintアプリでなく、Dropboxを選択して、PDFをDropboxに保存する。
      ・SafariでnetprintのWebサイト(https://www.printing.ne.jp/)を開きログインする。
       (似たような名前の別会社のサイトがあるのでお間違えなきよう)
      ・あとは、パソコンでnetprintサイトにブラウザでファイルをアップロードするのと同じように、
       Dropboxに保存したPDFを指定してアップロードする。
  その他のプリンタで印刷
    自宅等にあるAirPrint仕様以外のプリンタで印刷するには、印刷操作する
    PC にPDFファイルをもっていきます。
      メール経由
      「他で開く」ボタンから「メール」を選んでPDFをメールの
      添付ファイルとして送信します。
      印刷操作する PC でメールを受取ります。
      クラウドサービス経由
      あらかじめ、DropboxやSugarSync等のクラウドサービスのアプリを、
      iOS端末と印刷操作する PC にインストール(ブラウザでファイル
      送受信可能なサービスにおいて、ファイル送受信にブラウザを用いる
      場合はPCへのインストールは不要)し、利用者登録します。
      「他で開く」ボタンから使用するクラウドサービスを選択するとPDF
      ファイルがクラウドサービスのフォルダへコピーされます。
      印刷操作する PC でPDFファイルを取り出します。
      iTunes経由
      手順は、利用者ガイド「データファイルと移行」節をご覧ください。
    あとは、Acrobat Reader(無料)やMicrosoft Word等、PDFを印刷できる
    アプリから印刷します。